Entries

薬膳料理講習

 私が普段開講している薬膳講座の講習風景をご紹介しま~す。みなさんの、サイト掲載OKとの許可が出たので、お顔も載せてしまいます。  このクラスは、一番長く続いているクラス、私が東京へ来て以来8年も続いています。その間、妊娠、出産などで、お休みすることがありました。 でも、「産休あけには、また声かけてくださいね。」という温かい言葉をいただいたおかげで、やめることなく続けてこれました。 とてもありがた...

陰膳

 今日ランチで訪れたタイ料理屋の入り口に、お供えがしてありました。日本でも盛り塩はよくするけど、こちらはちゃんと「神様用のランチセット」といった趣です。 大学を卒業して、中国に留学することを決めた頃、陰膳をしていました。といっても、こんな本格的なものではなくて、朝起きてお茶を入れるときに、自分用のほかに、もう1つお茶を用意して供えるのです。  誰に? 多分、自分に。法学部を卒業して、内定を断って、...

玄米のおかき

 我が家では、食事はだいたい胚芽米に雑穀をブレンドしたものを使っています。 玄米は根菜の煮物のときなど、献立に合わせて、ときどき圧力釜で炊くぐらい。月曜に久しぶりに玄米を炊いたら、火にかけた時間が長すぎて、おこげがいっぱいノ( ̄0 ̄;)\炊いたお米の半分がおこげ・・・・。捨てるのも、申し訳ない。そういえば、ひいおばあちゃんが、切ったお餅をざるの上に干して、いろいろおかきを作ってくれたなぁ。 「もしかし...

鮭と紫蘇のおにぎり

 夏がやってきて、いろいろな薬味が出回るようになりました。実山椒に始まり、紫蘇や梅、香菜、バジルなど料理を美味しくし、そして体をいたわってくれる香りの食材。食事が豊かになりますよね。 今日は、夫が会社に娘を連れて行ったので、夕方迎えに行きました。お菓子を差し入れてもつまらないし・・・。と思っていたら、お庭で取れたという収穫したての紫蘇をいただいたので、塩鮭と一緒におにぎりにすることにしました。 実...

今日のお弁当

今日は、夫のお弁当を作りました。娘は保育園になってからは、お弁当を作ることが無くなりました。ラクになった反面、ちょっとつまんなかったりしたので、ちょうどいい機会。 といっても、昨夜の残りのカレーと常備菜をアレンジしたぐらいなので、えらそうなことは言えないです・・・。「鶏肉のカレー」ベースに人参のすりおろしを加えると、ルーを使わなくてもとろみが出るので、カロリーがカット。甘みとヘルシー度もアップしま...

めばる

生徒さんに、「毎日、きっと体にいいもの食べてるんですよね?」期待に満ちた瞳で訊かれると、どきどきします。だって、そんなにすごいものを食べているわけでないし、ジャンクなものや、甘いものも食べたりするので。。。でも、野菜や海藻、薬味を多く。ということを心がけています。今日は魚屋さんで、おいしそうな「めばる」を発見!大振りなのに、2尾入って298円!めばるが?? そんな値段でいいの?新鮮だし、シンプルな...

恵比寿ガーデンプレイスにてセミナー開講

恵比寿ガーデンプレイス グルメフェア 「大地はうまい」 夏の特別セミナーにて、阪口が講演をさせていただくことになりました。テーマは、「実野菜のチカラで夏バテ知らず」中国医学的な見方から、暑さを乗り切る方法や、夏の実野菜を美味しく食すためのコツなどお話します。さらに体を4つのタイプ別に分類。タイプ別に体に合う食材や効果的な食べ方などをおいしく簡単なレシピとともにご紹介します。日時: 7月11日(日) 14:00...

牛肉未体験ゾーン

先日、筑波のとある研究所に努めてる友人から、牛肉を送っていただきました。研究所で、放牧で、牧草のみを食べて自然に育ったという乳牛の肉だとのこと。「感想を聞かせてね。」とメールがありました。袋を開けてみると1キロぐらいの肉がゴロン。しっかりした赤身の肉です。脂身がほとんどないので、生に近いほうがおいしそう。まず、肉をあぶってタイ風のサラダ「ヤムヌア」を作りました。フライパンに肉の断面を押し付けて焼き...

食べて美しくなる

 ただいま、港区の白金亭で、私がメニュー監修している食べて美しくなる「美食同源コース」を提供中です。この春夏バージョンは、アンチエイジング効果の高い、カラフルな野菜や果物をたっぷり使っています。スイカのソースや、ラズベーリービネガーなど、本当に中華??と思うようなメニューも登場します。ランチで4,800円、ディナーは、一品プラスで6,000円。こちらの他のメニューの価格に比べると、かなりお得な内容...

妊娠力をつける薬膳レシピ

今日は、主婦の友の雑誌「赤ちゃんが欲しい」に連載中の「妊娠力をつける薬膳レシピ」の料理の撮影がありました。今回は「腎を強くして妊娠力をつける」レシピです。朝から14品を撮影をしました。黒ごまだれのうどん・えびとにらの炒めものなど、身近な素材で作れて、美味しく簡単なものをばかりです。今年の秋には、雑誌で掲載したレシピをまとめた著作本も出版の予定です。7月2日に、赤ちゃんが欲しいの夏号が発売になります...

ファーマーズマーケット

先日、青山のファーマーズマーケットに出店しました。私がブレンドしたスパイスやお茶など、薬膳の考え方を取り入れた商品を、知っていただきたいという思いが強くなり。初めての出店です。青山の国連大学の前でだいたい毎週、土・日に開催されています。全国からいろいろな農家さんが、自分たちの農産物を持って、集まってきています。フランスのマルシェをべースにしているとのことで、外観もとってもおしゃれ。このすぐ近くには、...

最後の山菜

最後に残ったのは、大御所、こしあぶら。他の山菜と違って、採集に高いリスクが伴います。ウドやワラビみたいに地面に生えているんじゃなくて、「こしあぶらの木」に登って、枝を落とし、その先についた新芽を摘むという方法です。これが、こうして手に入れた貴重なこしあぶら。売っているものはタラの芽風だけど、山で採ってきたのはもっと若い芽だけなので、柔らかさが違います。こちらは、定番、てんぷらでいただきました。椎茸...

山菜もうすぐ終わり

山菜の材料も残りわずかになってきました。採ってきた山ミツバのに顔を近づけると、力強い香り。そうだ、こないだの山菜ツアーで上野村で買った肉厚の椎茸を網焼きにしたら、ミツバの香りが引き立つかも。餅焼き網で、椎茸を焼くと、ふつふつと肉汁・・・じゃない、きのこ汁がしたたり落ちてきます。まな板においてざくざくと切る。ざるに山ミツバ載せて熱湯を回しがけ、軽く絞ってから切って、椎茸とあわせる。味付けは生醤油とわ...

またまた山菜料理

山菜料理第3弾もう止らない。使い尽くすまで紹介し続けるぞー。こちらは「やぶれがさ」という山菜。そういえば破れた傘みたいな形。山に生えているときはこんな形。「しどけ」ともいうそうです。うちはおばあちゃんが、「ぬた」が得意で、よく「分け葱」とやりいかで作ってくれました。小さい頃はぬるぬるしていていやだったけれど、だんだんとその「ぬるっ」が美味しく感じるようになってきました。おばあちゃんを思い出しつつ、...

まだ続く山菜料理 

先日来、山菜料理にはまっています。やり始めると、いろいろ着想がわいて来ておわりがない感じ。そんなわけで、しつこくブログで紹介することに。我が家のプランターには琉球ヨモギが育っています。前に、沖縄に行ったときに、あまりの香りの良さに夢中になり、植物園で頼み込んでもらってきたものです。以来、我が家の狭いテラスを着々と占領しつつあるヨモギたち。春には柔らかい葉が次々と出て、すばらしい芳香で楽しませてくれ...

山菜料理第2弾

山菜料理第2弾山ウドがたくさんとれたので、半分はウドの皮を剥いて、適当な大きさに切り、シンプルに生でいただきました。味付けは、味噌とマヨネーズを混ぜたもの。お酒のあてにかなりいけます。残りのウドと、ウドの皮の一部をオリーブオイルで炒め、やくぜんスパイス、酒で味付けします。最後にゴマと、松の実を振って、完成。パン、ワインにも合います。残っていた蕗の葉とウドの皮を細かく刻んで炒めて冷まします。上野村の...

山菜料理

上野村から戻ってきて、しばらく山菜づくしです。もともとがずぼらな私・・・あまり手をかけた料理は得意ではないので、簡単レシピを作っていただきました。新鮮なので、どれも芳しい香り。やっぱり採れたてっていいですね~。こちらは野蕗。葉がとても柔らかいので、下茹でやアク抜き無しで使えそうでした。蕗の茎を輪切りにして、鶏ひき肉軽く炒め、生姜の絞り汁、うすくち醤油、酒で味をつけ、お米と一緒に普通の水加減で炊き込...

薬膳山菜ツアー2

薬膳旅行の後半。山菜はお持ち帰り、みんなで村の方に作っていただいた、フキ味噌いりのおやきをいただきながら山道を小さなバスで移動。こちらは上野村の体験館、こちらでソバ打ちや、木の枝を作ったアクセサリー作りなど、さまざまな体験ができます。私たちはこちらで、摘み立ての蓬でヨモギ餅づくりをさせていただきました。もちろん、杵と臼で!私もへっぴり腰ながら体験いたしました。中にあんをつつんで、手早く丸めます。あ...

薬膳山菜ツアー

薬膳料理教室の生徒さんと、薬膳ツアーにでかけました。今回は、群馬県上野村にいきます。4月の初めに、下見にでかけて、村の自然のすばらしさに、魅入られてしましました。村の面積の94%が山・・・。こちらは、下見のときの写真。村の観光課の、神田さんと、松本さん、私とそれから娘で。まだ冬枯れの風景です。今回は、山菜名人について、山菜摘みをします。どんなものが採れるのしら・・・とっても楽しみです。現地へついた...

Appendix

プロフィール

阪口すみ

Author:阪口すみ
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム