Entries

北京にバイバイ

北京に旅龍立つ前は、「○○のレストランに行ってみよう。」とか「京劇は、梨園で。」とかいろいろ想像してたのだけど、北京に行ってみたら、全く違う生活がありました。毎日、音楽を聴きながら、地下鉄で通学して、レッスンが終わったら、野菜を買って、おうちでお母さんとご飯を作って、子供の宿題をみて、寝る。シンプルで、飾り気のない生活。北京で、得たものは、「余裕」だったかもしれません。北京へ旅立つ、少し前から、だん...

北京での生活~娘の冒険~

 西苑での実習が終わって、北京の生活もあと2日。学生生活をしていたので、観光地やお土産屋さんにほとんど行ってないことに気づきました。娘に「どこに行きたい?」と訊くと「西太后のおうち。」(故宮のこと)私が、西太后の食事の研究をしているので、娘にも西太后が身近な人になっているんですね。タクシーをチャーターすることを勧められたのだけど、できれば、ライブな北京を娘に見せたい。地下鉄で行くことに。では、しゅ...

北京での生活~宅配北京ダック~

レッスンが今日で終わった。「お祝いに、北京ダックの出前をとろう。」とおかあさん。北京ダックの出前??そんなのがあるの。「家で、食べた方がリラックスできるしからね。」とのこと。電話で注文する声がして、しばらくしたら出前がとどいた。ホントに北京ダックの出前。ネギやキュウリもついています。北京ダックは、週末の食事や人を招いたときに、北京人は、よく北京ダックの出前をとるそうです。おかあさんに巻き方を教えて...

北京での生活~最後のレッスン~

李先生の専門は、骨粗しょう症以外にももうひとつあってそれは、抑うつ症やうつ病などの精神疾患。中国語では「焦虑状態」という。 今日も、外来では、けっこうな数の抑うつ症の人が来ている。ひとりは、19歳の女の子。学校での悩みが原因で、ほとんど睡眠がとれない状態だったのが、半月で、大分眠れるようになったとのこと。カルテの「抑うつ症」の文字を見て、「私は、抑うつ症なんかじゃない! お母さんが、私のこと、むりや...

北京での生活~中国のプール~

今日は、日曜。子供たちが「今日は、どこに連れて行ってくれるの~??」と、昨日から大騒ぎ。昨日の土曜日は、中国人の友達と私がおでかけしていたから、二人は、不満なのです。近所の人から、子供用のプールのチケットをもらったので、二人を連れていくことに、「太陽宮」という公園の中にあります。ここって、確か公園だったけど、プールなんてあったっけ??おかあさんに、おやつを持たせてもらって、出発。地下鉄で20分ぐらい...

北京での生活~冬の病は夏治す~

西苑医院にいると、小児科で、背中に膏薬をはった子供たちを目にします。先生に尋ねると、「冬病夏治。(冬の病を夏治す)」との答え。喘息や気管支炎にいいそうです。この治療方法は、冬に起こりやすい肺の病を、夏の間の治療で治すというもので、2000年前に書かれた「黄帝内経」に、記載がある治療方法です。夏の決められた時期に、決められたツボの上に漢方薬の膏薬を貼り、皮膚からの吸収で治療をします。第1期は7月18日から27...

北京での生活~VIP CLINIC~

西苑では、普段の外来の他に、特需問診というのがあります。いわゆるVIP CLINICのこと。実力のある医師は、普通の外来以外に、この特需問診という外来を担当します。受診の申し込みをするのに、100元程度(日本円で1400円ぐらい)かかるうえ、ここで使われる漢方はすべて、自費です。私がついている李医師の特需問診も100元の費用がかかります。受診にくる人は、当然、お金の余裕がある人が多いです。今日、来た人の一人...

北京での生活~北京での食事~

今日は、午後の授業が少し早めに終わったので、西単へ。西単は、若者の街と言われているようで、大きなショッピングセンターがいくつもあります。地下鉄の駅から歩いて5分ぐらいのショッピングセンターを覗きました。中のお店は、日本と変わりません。TEHORYとか、FORIFORIとか、おなじみのブランドショップが並びます。こちらの方が、女性の服が少しフェミニンです。のどが渇いたので、ジューススタンドへ。メニュ...

北京での生活~子供たちと民族園へ~

今回の留学には、娘と友人の娘さんKちゃんが一緒です。滞在中の3週間、二人とも夏休みの宿題があります。私が、病院に行ってる間に、計算ドリルやひらがなの練習などは、お母さんがさせておいてくれるのですが、自由研究は、そうはいきません。 せっかく中国に来たのだから、中国らしい自由研究がいいよね。 中国には、56の少数民族がいて、彼らの生活様式を紹介しているところが北京にあります。「中華民族園」です。ここに訪...

北京での生活~入院病棟回診~

講義、外来での実習の他に、週1回の「査房(チャーファン)」と呼ばれる入院病棟での回診があります。私がいるのは、老人科第2病区。 まずは、医務室に集まって、回診する患者の状態について、医師同士が情報を共有しあいます。 そのあと、実際に患者の病室へ。 治療は、中医の理論にのっとった、漢方の治療の他、各種西洋薬が組み合わされています。退院する患者には、医師から、食事の指導などが行われていました。終わると、患...

北京での生活~西苑医院への通勤~

今日の朝ごはんは、おかあさんが、お粥を作ってくれました。はとむぎ、ナツメ、クコ、緑豆、米が入っているそうで、滋味深い味。朝の出勤が早いので、朝ごはんを作ってもらえるのは、ありがたいです。 今日は、いい天気。地下鉄の駅まで歩いて10分少々。 通勤には、スイカのようなカードを使います。 西苑までは、地下鉄を2回乗り換えて1時間15分ぐらいかかります。10号線に乗り換え。この行列だと、2本ぐらい待たないと...

北京での生活~病院の外来へ~

陳先生に紹介していただいた李躍華先生に就いての講義と、実習が始まりました。昨日は、「代茶飲」といわれる、お茶の代わりに飲む、薬膳茶についてのマンツーマンの講義。代茶飲は、清代の宮中でも頻繁に使われていました。薬草の名前を中国語名で聞き取るのに、少し、苦労しましたが、不思議なもんで、意識を集中して聞いてると、薬草名がポッと頭の空間に浮かんできます。普段いかに必死になってないかを痛感。 今日は、李先生...

北京での生活~普段の生活~

私の西苑医院での研修もはじまりました。娘の中国語の袁先生は、毎日マンションに、来てくれています。14時から15時まで1時間今日は、カードを使って、簡単な会話の勉強をしていました。子供は耳がいいので、発音がネイティブに近い。発音は、私よりいいそうです。私の方は、学校の帰りに西単にある、本屋へ。地下鉄の西単駅でおります。地下鉄はどこまで行っても2元北京で一番大きい本屋さんだそうですが、ホントに巨大。。...

北京での生活~陳可冀先生に会えた!~

今日は、研修に必要なお金を人民元に代えて、また、西苑医院へ。西苑医院から、西太后が離宮として過ごした頤和園までは、目と鼻の先。彼女との縁を感じますみどりが深くて、静かな場所にあります。さて、今日は、あきらめて、心血管科にとりあえず申し込むことにしよう。学校に行ってみると、チャイナドレスを着たコンパニオンらしき女性が門にたくさんたっています。門番に「今日はなにがあるの?」と訊くと、「検査と会合がある...

北京での生活~陳可冀先生と会いたい~

3月に、北京に行ったときに、西苑の教学部に今回の7月からの留学の申し込みをしておきました。手続きは、来た日にすればよいとのことでしたが、陳可冀先生に会える機会があるかどうかは、わからないまま。なんせ彼は、80歳を超す高齢。院士と呼ばれる特殊な立場にいて、「特需問診」と呼ばれる、彼の専門外来の日しかいないというのですから。強力なコネやマネーがあれば、話は別ですが、私の場合はそんなものはなし。ただ、彼...

北京での生活~徐老師と再会~

北京に来てから、おばあちゃんやお友達と遊んでいた娘ですが、しばらくすると、中国語がしゃべれないことに、不満を感じてきたようです。私が不在の間は、3人でおでかけしたり、プールで泳いだりしています。ときどき中国人に話かけられるみたいで、「中国語、はなしたい」と言い出しました。私の留学時代の、恩師の徐老師が「人民大学」の対外漢語班(外国人に中国語を教える機関)にいらっしゃったのを思いだし、連絡をとってみ...

Appendix

プロフィール

阪口すみ

Author:阪口すみ
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム