Entries

誇り高き豚丼

 新宿3丁目の寄席「末広亭」のすぐ近くに豚丼の専門店がある。店の名前と“豚丼”とだけ書かれた看板の周りには白熱灯が点滅している。それだけが目印の地下の店。1年ほど前、深夜にご飯に食べはぐれ、うろうろ歩きまわって偶然見つけ、以来、月に1回ほど通うようになった。
 北海道出身の店主が作る豚丼は不思議な味。豚の脂の濃厚なとろみとコブの効いた独特のタレが口の中で混ざって厚みのある風味を作るのに、飲み込むと何ごともなかったような爽快感がある。
 何日か前、新宿駒劇場近くのライブハウスの帰り、むしょうに豚丼が食べたくなった。20分以上歩いて、店に着いたのは11時半。他にお客はいないようだ。
 「あ。いらっしゃいませ」主人は注文を聞くと、1冊のA4サイズの本を持ってきた。“豚のすべてが分かる本”パラパラとめくると、豚肉の健康効果や美味しそうなレシピがいっぱいだ。その中にただ1件、豚丼の専門店として掲載されたという。主人が指差したページには“豚丼”と書かれた例の看板の写真だけが控えめに写っている。
 「なんで~?顔を載せてもらって住所も入れてもらえばいいのに!!」
カウンターしかない店のスツールの上で私が抗議すると彼は言う。
「この店は地下ですし、合い向かいの店との間口が1.5メートルしかないんです。ここでウェイティングされるとお向かいに迷惑かかりますしね。」
タダで宣伝してもらえるんだからいいじゃない!?・・・そう思いながらいつものように豚丼を口に運んだ。いつものように不思議な味だ。
タレをどうやって作っているのだろう。
「タレは数日がかりで煮るんで、お客さんが多いと足りなくなっちゃうときがあるんです。タレは絶対薄めるわけにいかないから、そんな時は店を閉めます。」
 私はちょっとショックをうけた。倉庫用に作られ、ドア1枚で汚水タンクに隔てられた地下の6畳の店で、羅臼昆布と醤油を独りで何日も煮詰め続ける姿を想像した。
“おてんとさまが見ている”ていう言葉を思い出した。小さい頃、私の役目だった階段と廊下の拭き掃除をごまかすと、言われた言葉。
 この店が、私をこんなに惹きつけるワケ。「正直者が損をする」「言ったもんがち」な世の中で彼の豚丼のタレは誇り高い味がするのだ。1階の客の入りのいい1階のコギレイな場所に出店したいとも思っていない。
 なんといっても彼は、「おてんとうさんに」向かって仕事しているのだから。
彼の豚丼を食べたいと思われた方。末広亭の廻りを注意深く歩いてみてくださいね。きっと見つかるから。でも、イスが古ぼけてるとか、冷房の効きが悪いとか、甘っタレ(?)たことはいわないように!

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/tb.php/11-c3dd4aa9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

阪口珠未

Author:阪口珠未
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム