Entries

夏の薬膳

先日、恵比寿のガーデンプレイスの三越で、お買い物をしていたら、さっきまでいい天気だった空に灰色の分厚い雲が立ち込めてきた。
「あらら、雨降りそう。早く帰らなくっちゃ!」とドアのところに向かうと、とんでもない突風と共に、雨が吹き込んできた。
 三越のスタッフの人はおおわらわ。5人ががりで強風で開こうとするドアを押さえ、客を中に入るように誘導する。
 割れるような雷の音もあって、館内は一時騒然とした。
 なんだか日本の天気じゃないみたい。ハリケーンとか、南の島の強烈なスコールとかそんな感じ。
 とても帰れる状態じゃない雨に、足止めされて、ベンチに座り、しばらくぼーっとして過ごす。
 30分ほどして、雨音が聞こえなくなったので、表を覗いてみると、なにごとも無かったかのように空は晴れている。
 家への道すがら、街路樹のプラタナスが1本は根こそぎ倒れ、1本は途中から折れている。恐ろしい。あのまま強引に帰っていたら、今頃飛ばされて、浜に打ち上げられたくじらのように道端に倒れていたかも・・・・。
 それにしても、日本がどんどん熱帯化している。今の日本は、平均気温からすると、実は温帯気候じゃなくて、すでに亜熱帯ぎりぎりになっているという。
 「今年は暑いね~。」って毎年いってるけど、もう、これが東京の普通の暑さなんだと思ってくるようになった。
 東京で生活してると、どこもすごく冷房がよく効いていて、涼しい。でも、私は冷房が苦手で長時間クーラーの効いた部屋にいると首が詰まってくる感じがする。そこで家であまり冷房をつけないでいると、やはり暑くて、熱にあたったような感じになる。中国医学でいう「熱邪」に負けた状態だ。のどの渇き、かるいのぼせ、消耗感、夜ねつきにくいなど。
 そう、こんなときこそ、薬膳なのだわ。
 まず、すぐに使えるのが、「スイカ」。切って塩をかけて食べるだけの素朴なものなのに、熱感と水を飲んでも治らない渇きが、すーっと癒える。
 それから、次に使えるのが緑豆のスープ。多めに戻した緑豆を30分ほどやわらかくなるまで煮て、冷ましたものをタッパーに入れて冷蔵庫にストック。汁ごとスープに加えたり、実をサラダに入れたり。冷えたものに、蜂蜜を混ぜて甘みをつけ、すこし甘くしたココナッツミルクかければ、即席の冷やし汁粉にもなる。
 娘はあんこがきらいなので、仕方なく、汁だけを「お豆のジュースだよ~」と、無理やり飲ませている。夫には、お弁当のデザートに、生ぬるくなった緑豆のお汁粉がしのびこませてある。
 スイカと緑豆の力で、体調ももとどおり。冷房で冷えすぎ頭痛や肩こりがおきたきは、プールで1時間ほど泳ぐと、ほぼ治っているし、今年の夏もなんとか乗り切れそう。
 人間の体ってすごいと。改めて思う。季節のものを食べたり、適度に運動を与えてあげることで、きちんと応えて、バランスを取り戻してくれる。
 夜更かしもするし、暴飲暴食もするし、ストレスをためこむこともあるし。体にとってはいい主人ではないかもしれないけれど、できるだけ、体のバランスがいい状態か、崩れているか、自分で気づき、自分でケアできるようでいたいなあと思う。
 みなさま、地球の気候が過酷になればなるほど、薬膳はもちろん、中国医学の知恵は、体を救ってくれますよ~! 興味のある方はぜひ一緒にお勉強しまししょう。

 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/tb.php/28-760743bb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

阪口珠未

Author:阪口珠未
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム