Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/tb.php/39-5f87a9d0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画「いのちの食べかた」

 ニコラウス・ゲインハルター監督の映画「いのちの食べかた」を見た。この映画は、私たちが普段食べている肉や魚、野菜果物などがどんな風に育てられ、作られているかを撮ったドキュメンタリー映画だ。
   インタビューや、BGMなどはまったく無く、パプリカへの農薬散布、牛の飼育と屠殺、、豚の去勢や尻尾きり、ひよこの孵化と養鶏場の風景などが、淡々と美しい映像で綴られていく。
まるで、乗用車が工場で作られるかのように、手際よく、無駄なく、命が食べ物への作りかえられていく。
    映画の中では、鶏は、テントで覆われ、照明をコントロールされた養鶏場の中で育ち、太陽を見ることも、土の中にいるミミズをつつくことも、いたずらをして犬に追い回されることもない。
    牛たちは、自然な交尾ではなく、採取された元気な精子を子宮に移し、人工受精で、病気に強く、美味しい肉質の子牛を産む。屠殺されるときは、電気ショックで気絶している間に、体をさばかれて肉として処理されていく。自分が死んだことに気づかないのかもしれない。
    パプリカは、土ではなく、小さな四角い箱の中で苗つけされ、育つと養分の入った液を流した材木状の物の上で生育する。収穫後、枯れたパプリカの幹は、下の四角い箱からナイフで切り落とすだけで片付けが終わる。
    2時間の映画を見終えて、映画館から出てきたら、体が冷たく、硬くこわばっていた。
よく知っているけれど、なるべくなら見ないで済まそうと思っていたことを目の前に差し出されたような感じだ。
 私の実家では幼い頃、鶏を飼っていた。鶏の雄はとても誇り高い。家では、野良犬などに襲われないように、夜はガラスの温室の中で眠り、朝、目覚めると、温室の中においてあるダンボールの箱の一番高いところに登って、胸をはって高らかに「コケコッコー!!」と朝を告げる。また、自分のスペースを犯されたと感じると猛然と反撃する。よく家で飼っている柴犬が攻撃されて、自分のご飯を鶏に差し出していた姿を思いだす。そんな鶏は、現代にはほとんどいないのだということを、思い知った。

 現代という時代は、「いのち」が「からだ」の全部、「生命」の全部を使って生き切ることが難しいのだなあと思う。
 この映画を見て、罪深いとか、私たちって他の動物のいのちに対して、傍若無人すぎるとか、残酷だとか思うだろう。動物愛護の人たちから見れば、許しがたいかもしれない。自然農法を実践している人たちは、もっと自然に育てられた野菜や果物を食べるべきだと言うだろう。
 私も、映画をみながら、いろんな感情が去来した。いろんな感情が出てきて当然だ。この映画を心穏やかに見ることができる人はいないだろう。
 でも、たぶんこれが現実なのだ。そしてこの現実を見て、翌日、どういう行動をとるかは人それぞれだろう。菜食主義を目指す人、もっと安全な有機農法の食材を選ぶ人、仕方が無いものとして現実を受け入れる人。きっといろいろだ。
ふと思う。これは食べ物に対してだけのことなのかしら?と。私たちが動物や植物に対してしていることは、自分たち自身に対しても同じようなことをしているのではないか?
 私たちの中で、与えられた「からだ」全部を、「いのち」全部使って生き、生命の喜びを享受している人がどれくらいいるだろう。仕事で働いても、「自分自身」の一部を使うことしかできない人がほとんどではないだろうか。
 それだけではなく、他の人の自由を奪い、「いのち」を踏みにじって、生きている人や組織だってある。
私たちの動植物に対しての扱いは、そのまま自分に対しての扱いなのだと思う。
 私たちは、罪深い。他の命を犠牲にして生きている。それを直視する意味でも、この映画は意味があると思う。
私たちは罪深いゆえに、無力なのか?
 そうではないと思う。すべては、自分自身を大事にし、愛することから始まるのではないか。まず、自分を大切に扱おう。そして、自分の家族や友人を自分を大切にするように大切にしよう。
身の回りにいる動物や植物のいのちを大切にすることも、その延長線上にあることだと思う。
他の生き物の「いのち」への深い敬いがあれば、野菜や家畜の「いのち」を育てる環境だって、現代の飼育システムとは違うものになるだろう。そして、食べるために他の命をいただくという行為も、きっと神聖なものであり得るのだと思う。
 心を込めて「いただきます。」
自分も、他の命も大切にする言葉を、今日の夕食からだって始められる。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/tb.php/39-5f87a9d0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

阪口珠未

Author:阪口珠未
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。