Entries

薬膳コンサルタントの最初の仕事は・・・

薬膳コンサルティングのお仕事を始めさせていただいてから、10年以上になりました。

私の薬膳コンサルティングのはじめの仕事は、2003年にウェスティンホテル東京「中国料理・龍天門」で開催した、完全体質別、オーダーメード薬膳企画「滋食同源フェア」でした。
当時、もっとも予約の取りにくい中国料理店「龍天門」のシェフとして、活躍していらした陳啓明シェフから、ある方をとおして、連絡をいただいたのがはじまりです。

SCAN0001-m.jpg


「薬膳は、本来は、ひとりひとりの体に合わせて作るものですよね。
一人づつカウンセリングして、その人の体調に合わせて、食事を作る。大変かもしれないけど、それをうちの店で僕は、チャレンジしてみたいんですよ。そのために、阪口さん、ぜひ、力を貸してください。」

それから、3ヶ月以上、陳さんと私の企画、提案、試作が続きました。



『滋食同源フェア』の内容は、こうでした。

チェックシートを用意し、体質を大雑把に4種のタイプでセルフチェックしてもらいます。
そして、さらに食事前に、私がひとり5分程度で、体調をカウンセリング。体にあった食事を選びます。
4人一組のテーブルであれば、前菜、魚介、野菜、炒め物、スープ、麺飯、デザート、薬膳茶、これがすべてひとりひとり違うものになります。

img150126.jpg


ネックは、オペレーションです。中華料理は、フランス料理とは違って、炒め物は大きな鍋でつくるのに、今回はすべて、一人分づつ。
違うメニューを、同じテーブルなら、同じタイミングで、ワンポーションづつ出さないといけません。
これは、中華料理では至難の技。

私の方は、限られたカウンセリング時間の中で、信頼してもらい、体調を聞き、メニューを選び、説明する。
そのための薬膳の紹介カードを作ったり、だれもがわかるチェックシートを用意したり。

陳さんと、「まだ、日本でだれもやったことのない医食同源のメニューに、チャレンジしよう」と、妥協無し、試行錯誤の日々でした。

完成したのは、この「滋食同源フェア」のために
前菜のもりあわせ :5メニュー
魚介:6メニュー
野菜:オーダー
炒め物OR蒸し物:7メニュー
薬膳スープ:6メニュー
麺飯:5メニュー
デザート:7メニュー
薬膳茶:5メニュー

組み合わせ次第では、数百になるようなメニューが完成しました。

例えばスープは、
イチジクと栗の鶏スープ
羅漢果とクレソンのスープ
鮫の骨と五穀のスープ
など、普通の中華ではお目にかかれないようなスープが用意されました。

陳啓明.jpg

こんなリッチで時間のかかる食事を食べに来てくれる人があるかしら?という心配をよそに、「滋食同源フェア」は、連日、たくさんの方にご予約をいただきました。

陳さんと話をすると
「あの時だからできましたよ。実際は、オーダーが入ると厨房は戦場だったよ。」
とおっしゃいます。

私は、ここで多くのことを学びました。
中国料理は、厨房の中は、炒め方、前菜、点心といくつかのチームに分かれています。
私の提案するメニューを出してもらうためには、それぞれのチームのリーダーと意思疎通をすることがとても大切でした。
ホールスタッフには、メニューの説明をしてもらうための、スタッフセミナーとマニュアルの作成も必要です。
フェアの開催中は、毎日3時間ほどの時間で、ひとり5分何十人ものカウンセリングをしたことで、短時間で人の体質を判断することをおぼえました。


今、私が薬膳コンサルティングのお仕事をいただいて、一番誇れることは

「そのお店とシェフの特徴と良さを見抜いて生かすこと。」
「それを生かして、そのお店ならではの魅力的なメニューを一緒に作れること。」

です。



下は、私が、『滋食同源フェア』の際に、描いた薬膳カウンセリングの企画提案用のイラストです。
つたないイラストですね!

SCAN0002-m.gif


「自分の持つ薬膳のイメージを人に伝えること、そして、相手の力を引き出し、実現してもらうこと。」
その力を養わせていただいた、龍天門でのチャレンジに感謝しつつ、初心を忘れず、これからも、たくさんの方に薬膳の楽しさをお伝えできるコンサルティングに、邁進します!




毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!
簡単で美味しい薬膳を、食卓に取入れてみたい方はご登録ください。

楽膳クラブ
登録はこちらから
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/tb.php/429-23ba1411

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

阪口すみ

Author:阪口すみ
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム