Entries

牛肉未体験ゾーン

先日、筑波のとある研究所に努めてる友人から、牛肉を送っていただきました。
研究所で、放牧で、牧草のみを食べて自然に育ったという乳牛の肉だとのこと。「感想を聞かせてね。」とメールがありました。
袋を開けてみると1キロぐらいの肉がゴロン。しっかりした赤身の肉です。
脂身がほとんどないので、生に近いほうがおいしそう。
まず、肉をあぶってタイ風のサラダ「ヤムヌア」を作りました。

im100619b

フライパンに肉の断面を押し付けて焼き色が付く程度に焼いて、葱、紫たまねぎ、きゅうり、香菜などど一緒にいただきます。ドレッシングは、とうがらし、レモン汁、ナムプラー
(レシピはタイ料理の酒井美代子先生のもの)

食べると、私が知っている牛肉とは全然、別の味がします。そう、草の味がかすかにするのです!
もしかして牧草を食べているから??

im100619a

翌日はステーキに。レアに焼いて、にんにく、日本酒、醤油を煮詰めてソースを作り、添えました。
これもやはりおいしい。牛肉とは思えない爽やかさです。

im100619c

残った筋は、こんにゃく、干ししいたけ、昆布、生姜と一緒に煮込みました。こちらも、煮込んでも、脂があまり出てこないのですが、脂身が黄色い・・・。そしてやはり草の香りがします。
友達に訊いてみると「牧草を食べているので、脂身にビタミンが増えちゃうの。黄色いのはビタミンの色。それから草の香りが強いんだよね。」


日本の牛肉は、サシが入った霜降りを最上とされますよね。日本の霜降り牛は、世界で最も高値がつくとか。
私は普段はほとんど牛肉っていただかないし、料理講習でも使わないのです。
 薬膳では、牛肉は「補血」効果がある食材ですが、日本の牛肉は、中国の牛肉(かつては水牛が中心)と比べると脂身が強すぎて、補血効果を期待して使っても、消化不良や肩こりなどの悪影響がでることが多いためです。
でも、この牛は、今、価値があるとされる牛肉の流れに逆行するタイプの肉です。

友人からのメールによると・・・「商品化はなかなか難しいです。脂身が足りないし、サシも入っていない。ビタミンが豊富な、黄色の脂身は日本人には受け入れられないなど色々な問題があるようです。学校給食で使ってもらえるよう交渉中ですが、市場価格は低いのが現状です。」

そうなんですね。牛肉に関しては日本ならでは事情があるみたいです。
でも、この牛肉なら薬膳の治療食に使えそうな気がします。
「サシ」とか「柔らかさ」だけではない、違う価値基準が生まれれば、きっと売れるようになるんだと思います。

アボカドだって、最初は気持ち悪がって誰も買わなかったけれど、「マグロのとろの味」ていうアプローチで売れたもものね。
がんばって欲しいです!


 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kanpokitchen.blog105.fc2.com/tb.php/92-bbae87dd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

阪口すみ

Author:阪口すみ
旅する薬膳料理家 、阪口すみのブログ
(株)漢方キッチン代表。中国薬膳研究のパイオニア。

旅が大好き!キャンピングカーで世界各地へ。旅先で出会った素敵な人や食材たち。ココロとカラダを幸せにする薬膳を、アウトドアライフの中から、発見して、お届けします。
「キャンプカーマガジン」に「珠未の幸福レシピ」を連載中。
著作に『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ』『妊娠力アップ!おめでた薬膳』『西太后のアンチエイジングレシピ』など

药膳专家
汉方厨房的负责人
从1991年到1995年 北京中医药大学 进修 中医,中药,中医营养学,
宗旨《身心的释放》
利用常见的食材来设计药膳食谱。
著作有《提升妊娠力 准妈妈药膳料理》 《汉方厨房――药膳基础――》 《排毒药膳》等。

薬膳料理家 阪口珠未の漢方キッチン






Google+

メディア情報

『毎日使える薬膳&漢方の食材事典』

阪口珠未著
(ナツメ社)
体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

『自分でできるはじめてのお灸―外からお灸、中からスープで最強冷えとり作戦!』

阪口珠未著
(主婦の友社)
簡単なのに即効性のある薬膳あたためスープも合わせて紹介。一日5分のお灸とスープで、夏バテ対策から、今年の秋冬の冷え取りまで、心とからだの健康管理はこの1冊でばっちりです!

『西太后のアンチエイジングレシピ』

阪口珠未著
(主婦の友社)
西太后は、74歳で死ぬ前日まで、美と権力を求め、人生を謳歌しました。現在も保存されている宮廷医のカルテを元に、私たちが今すぐ実践できる美と若さを手に入れる食の秘密を紹介します。

『慈禧太后的抗老食譜』(中国語版)

(台視文化公司 )
阪口珠未著『西太后のアンチエイジング』が台湾で出版されました。20年前に中国で「薬膳」の素晴らしさを学び、今、中国の方に著書を読んでいただけるのが幸せです。

『漢方キッチン~ムリなく、しぜんに、いいカラダ

阪口珠未著
(あしざき書房)
これ1冊で薬膳の基本的な考え方が理解でき、美味しく手軽な薬膳レシピも作れる盛りだくさんの内容です。

体をあたためて妊娠力アップ!おめでた薬膳』

阪口珠未著
(主婦の友社)
からだに負担の少ない妊娠力アップ法です。食事メニューを楽しく工夫しながら冷えを改善しましょう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム